HOME > 概要
NBRP酵母とは
このページでは、ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)酵母分野の概要をご紹介します。

目的

酵母は醸造産業の担い手として人類にとってなくてはならない微生物です。それだけではなく、酵母は生命科学領域でモデル生物として重要な役割を果たしています。

出芽酵母(Saccharomyces cerevisiae)、分裂酵母(Schizosaccharomyces pombe)では全ゲノムのシークエンスが終わり、今や本格的なゲノム規模での機能解析の時代に突入しました。実験モデル生物としての重要さ今後も当分変わることはないでしょう。

さまざまな酵母研究のためにはまず、酵母菌株やDNAクローンなどのバイオリソースを入手する必要があります。これまではほとんどが研究者間のやりとりで行われてきました。平成14年度から文部科学省バイオリソースプロジェクト(酵母)がスタートしました。このプロジェクトでは、遺伝学研究用の酵母菌株、ライブラリーやプラスミドなどのDNAを収集保存し、研究者に提供する事業を行っています。

組織

酵母遺伝資源の収集、保存、提供を行う事業主体として、酵母遺伝資源センター(YGRC)を構築しました。大阪市立大学, 大阪大学, 広島大学の3つの研究室が連携し、センターを支えています。プロジェクト推進母体と研究コミュニティとの連携を強め、適正な運営と協力体制を築くため、全国の酵母研究室を網羅した運営委員会が組織されています。さらに、事業の評価と助言を行うアドバイザリー委員会があります。

組織図
酵母遺伝資源の整備に向けての体制

酵母遺伝資源運営委員会
赤尾独立行政法人 酒類総合研究所 醸造技術基盤研究部門
赤田倫治山口大学大学院医学系研究科
荒木弘之情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所
大矢禎一東京大学大学院新領域創成科学研究科(委員長)
鎌田芳彰基礎生物学研究所 多様性生物学研究室
川向島根大学生物資源科学部
北村憲司広島大学 自然科学研究支援開発センター(分担機関課題実施者)
北本宏子国立研究開発法人 農業環境技術研究所 生物生態機能研究領域
作野剛士東京大学 分子細胞生物学研究所
篠原美紀近畿大学農学部バイオサイエンス学科
下田大阪市立大学大学院理学研究科
杉山峰崇大阪大学大学院工学研究科(分担機関課題実施者)
竹川九州大学大学院生物資源環境科学府
東田英毅株式会社ちとせ研究所 研究開発部
中沢宜彦沖縄科学技術大学院大学
中村太郎大阪市立大学大学院理学研究科(代表機関課題実施者)
原島崇城大学生物生命学部
平岡大阪大学大学院生命機能研究科
前川裕美大阪大学大学院工学研究科
水沼正樹広島大学大学院先端物質科学研究科
守屋央朗岡山大学 異分野融合先端研究コア
山岸裕美アサヒビール(株) 経営企画本部 製品保証センター
山下基礎生物学研究所 細胞応答研究室

アドバイザリー委員会
大嶋泰治大阪大学名誉教授
東江昭夫東京大学名誉教授
宮川都吉広島大学名誉教授
柳田充弘沖縄科学技術大学院大学
山本正幸基礎生物学研究所

酵母遺伝資源センター(YGRC)

つぎの2つの機関が緊密に連携を保ちながら、分裂酵母 (S. pombe)と出芽酵母 (S. cerevisiae)を分担して、YGRCとしての活動を行っています。

分裂酵母
スタッフ:
中村太郎 (代表・理学研究科教授)
下田 親 (理学研究科特任教授)
前川智美 (技術職員)
中原智子 (研究補佐員)
糀谷多恵子 (研究補佐員)

連絡先:
  • 〒558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138
  • 大阪市立大学大学院理学研究科
  • 酵母遺伝資源センター
  • 電話&FAX 06-6605-2576
  • E-mail:
出芽酵母
スタッフ:
杉山峰崇(代表・工学研究科准教授)
金子嘉信(工学研究科特任研究員)


連絡先:
  • 〒565-0871 吹田市山田丘2-1
  • 大阪大学大学院工学研究科
  • 生命先端工学専攻
  • ゲノム機能工学領域
  • 電話 06-6879-4577
  • FAX 06-6879-7421
  • E-mail:
バックアップ
スタッフ:
北村憲司(自然科学研究支援開発センター助教)


連絡先:
  • 〒739-8527 東広島市鏡山1-4-2
  • 広島大学自然科学研究支援開発センター

事業のご案内

酵母バイオリソースの収集、保存、提供作業は、次のような流れになっています。

寄託・保存・分譲の流れ

寄託
研究者からの菌株等の寄託をお願いしています。担当するYGRCにメールなどでご連絡ください。大量のリソースを寄託される場合はスタッフの派遣などで対応いたします。寄託にあたっては「酵母遺伝資源寄託同意書」を取り交わします。その中で、利用者に提供する際の条件をリソースごとに定めることができます。寄託して頂いたリソースに対して研究者から提供依頼があった場合は、培養、発送などすべてYGRCが作業を行いますので、研究者の負担が軽減されるメリットがあります。

保存・品質管理
保存菌株はグリセロール中で-80℃で凍結保存しています。また、一部、表現型のチェックも行っています。掛け合わせ、突然変異処理などにより、新規の菌株の作成も行っています。

データベースの作成と利用
菌株とプラスミドの情報はデータベース化しており、希望するリソースがあるかどうかを検索することができます。

提供
YGRCで保存されている、菌株、ライブラリー、プラスミドなどを入手したい場合は、Webでオーダーしてください。迅速に郵送、宅配便などによりお送りします。提供にあたっては「酵母遺伝資源提供同意書」を取り交わします。リソースによっては寄託者の提供承諾書などが必要です。リソースごとに定められた利用条件を守ってください。