更新情報・トピックス (トピックス)
2017/10/20 大妻女子大学短期大学部の竹内(安東)知子先生より寄託されたRNA可視化プラスミドが提供可能となりました(分裂酵母(Takeuchi-Andoh et al., (2016))(FYP3987-3988)、出芽酵母(Takeuchi-Andoh et al., (2006))(BYP9639-9640)。
2017/10/3 N. Rhind博士から寄託されたエストラジオール誘導プロモータープラスミド (Ohira et al., (2017))が提供可能となりました(FYP3985-3986)。
2017/9/15 分裂酵母の菌株およそ1,800株(FY31345-33184)と約30のプラスミドが提供可能になりました。
2017/9/1 基礎生物学研究所の鎌田先生から出芽酵母のオートファジーおよびTORキナーゼ研究で使用された菌株(BY28944-28996)およびプラスミド(BYP9616-9638)が寄託され提供可能になりました (Kamada et al., (2000), Kawamata et al., (2008), Kamada et al., (2010), Nakashima et al., (2008), Kamada, (2017), Kamada et al., (2005))。
2017/9/1 大阪大学の金子先生からOgataea polymorphaにおけるCRISPR/Casゲノム編集で使用された菌株(BY28908-28943)およびプラスミド(BYP9596-9615)が寄託され提供可能になりました (Numamoto et al., (2017))。
2017/5/15 崇城大学の原島先生から出芽酵母の染色体部分重複株シリーズ(BY28643-28692)が寄託され提供可能になりました (Natesuntorn et al., (2015))。
2017/5/8 崇城大学の原島先生から出芽酵母のプロテインホスファターゼ遺伝子PTC1-PTC7の多重欠失株(BY28520-28617)が寄託され提供可能になりました (Sharmin et al., (2014))。
2017/5/8 崇城大学の原島先生からCre/loxPシステムにより再利用可能な出芽酵母のゼオシン、ハイグロマイシン、セルレニン薬剤耐性マーカープラスミド(BYP8999-9001)が寄託され提供可能になりました (Sharmin et al., (2014))。
2017/4/28 九州工業大学の仁川先生から出芽酵母のイノシトール生合成に関する変異株(BY19544-19567)が寄託され提供可能になりました (Sugiyama et al., (2001))。
2017/4/28 岡山大学の守屋先生からgTOWプラスミド(BYP9021-9404)が寄託され提供可能になりました (Makanae et al., (2013))。
2017/4/27 Xiamen UniversityのJin先生から分裂酵母のGFP結合タンパク質に関するプラスミド (FYP3955-3984) が寄託され提供可能となりました (Chen et al., (2017))。
2016/12/06 分裂酵母のエキソサイトーシス経路と胞子形成に関連する菌株 (FY25555-25608, 25629-25667, 25758-25825, 28902-28954) およびプラスミド (FYP3496-3504 等) が提供可能となりました (Imada and Nakamura, 2016)。
2016/12/04 静岡大学の山本先生から、Yamamoto, A. and Hiraoka, Y. (2003), Hirose et al. (2011), Yoshida et al. (2013), Matsuhara and Yamamoto (2016), Katsumata et al. (2016)に使用された減数分裂時の染色体分配に関する菌株 (FY29132-29607) およびプラスミド (FYP3792-3815) が寄託され、提供可能となりました。
2016/12/04 OISTの柳田先生からNakazawa et al. (2015)に使用された菌株(FY31339-31344)が寄託され、提供可能となりました。
2016/10/17 産総研の福田先生らが清酒酵母の新規なcrossbreeding法で構築した清酒酵母交雑株(BY28505-28519)が提供可能になりました。
2016/10/11 大阪大学の金子先生らがHansenula polymorphaのリン酸シグナル伝達経路の遺伝学的解析に使用したプラスミド(BYP8941-8951)が提供可能になりました。
2016/09/29 Dr. J. Bahler (University College London, UK) からLeupold株 (L968) とは起源の異なる野生分裂酵母138株が寄託されました (FY28955-29092)。
2016/09/28 Vanderbilt University (USA) のDr. K. L. Gould から分裂酵母の細胞周期関連変異株 (FY29093-29131) が寄託されました。
2016/06/14 Fred Hutchinson Cancer Research Center (USA) のS. Rutherford博士が浸透圧ストレス応答実験に使用したバーコード配列付出芽酵母菌株(BY27873-28253)が提供可能になりました。
2016/05/06 OISTの柳田先生からIkai et al. (2011)に使用されたTOR関連の菌株47株(FY25826-25872)が寄託され、提供可能となりました。
2016/03/14 K. Gould博士 (Vanderbilt University, USA)寄託の分裂酵母遺伝子欠失株セットに新しく90株が追加され、セット提供可能となりました。韓国バイオニア社の遺伝子欠失株ライブラリー(バージョン3)に含まれない菌株です。
2016/03/09 K. Gould博士 (Vanderbilt University School of Medicine)から寄託されたS. pombe遺伝子破壊株90株が公開されました (FY25668-25757)。
2016/01/20 Ribas博士(Univ. of Salamanca, Spain)から、pREP-3X, pREP-41X, pREP-81Xを元にしたチアミン抑制性発現ベクター18種類(Yeast. 2000;16(9):861-72.)が寄託され、提供可能となりました(FYP3462-3479)。
2016/01/07 理化学研究所中野明彦先生からの菌株(BY28357-BY28502)が提供可能となりました。
2015/12/11 国立遺伝学研究所田中誠司先生からのプラスミド(BYP8875-BYP8880)と菌株(BY28260-BY28295)が提供可能となっています。
2015/10/27 大阪大学の野島先生からプラスミド(FYP2932-2935)が寄託され、提供可能となりました。
2015/10/27 完全長cDNAライブラリーpTN-FC10のベクターであるpTN575 (FYP2931)を公開しました。
2015/10/23 2種類のcDNAライブラリー(pTN-FC9, pTN-FC10)を公開しました。このライブラリーには約90%の完全長cDNAが含まれることを確認しています。
2015/10/09 分裂酵母の菌株セットの提供を開始しました。
2015/10/09 電子MTAの利用を開始しました。
2015/09/17 山口大学星田先生からKluyveromyces marxianus変異株(BY28297~BY28356; Yeast 30:485, 2013; Yeast 27:29, 2010)とプラスミド(BYP8881~BYP8884; Yeast 31:29, 2014)が寄託され、提供が可能になりました。
2015/09/10 Lorenz博士(Univ. of Aberdeen, UK)から、分裂酵母の薬剤耐性や原栄養性マーカーをワンステップで変更するためのカセット11種類(Yeast 2015)が寄託され、提供可能となりました(FYP2884-2894)。
2015/07/15 早稲田大学の佐藤先生から、ワンステップで様々な蛍光タグやマーカー等を組み合わせたプラスミドを構築するためのプラスミドのセット35種類(Open Biol. 2015 Jun;5(6).)が寄託され、提供可能となりました(FYP2895-2929)。
2015/07/15 東京大学の渡邊先生から、各種adh1プロモーターののった分裂酵母組込みベクター8種が寄託され、提供可能となりました(FYP2874-2881)。
2015/06/08 大阪市立大学中村研究室から菌株を寄託されました (FY17852-FY17875)
2015/06/08 沖縄科学技術大学院大学(OIST) 柳田充弘先生から菌株が寄託されました (FY25312-FY25336)
2015/05/22 杉山智康先生(NIH)から寄託された菌株を公開しました(FY23587-FY23592, FY23594, FY23596, FY23601-FY23604, FY23606-FY23610, FY23616-FY23619, FY23625, FY23626, FY23676-FY23680)
2015/05/12 Non-standard S. pombe 24株の提供を開始しました (FY25283-FY25301, FY25303-FY25311)
2015/04/28 東京大学 渡辺嘉典先生から菌株が寄託されました (FY24008-FY25242, FY25257-FY25275)
2015/04/28 中央大学 村上浩士先生から菌株が寄託されました (FY25243-FY25248)
2015/04/28 J. Mata博士(Univ. Cambridge)から菌株が寄託されました (FY25251-FY25256)
2014/09/16 K. Gould博士 (Vanderbilt University School of Medicine)から寄託されたS. pombe遺伝子破壊株セット282株が公開されました (FY23693-23986)。
2014/09/16 R. Weismann博士 (Open University of Israel, Israel)から寄託された菌株が公開されました(FY23988-24006)。
2014/08/28 英国サセックス大学のA.M.Carr博士からNat, Ble, Hyg 耐性マーカーののった分裂酵母ベクターが3種寄託され、提供可能となりました(FYP2869-2871)。
2014/06/11 岡山大学守屋先生から出芽酵母ベクターpRS42xシリーズ(Gene 110:119, 1992)が寄託され、提供が可能になりました。(BYP7838~BYP7841)
2014/05/09 中村太郎(大阪市大)寄託の分裂酵母菌株(フェロモン関連変異株)が公開されました。(FY22789-22972)
2014/04/14 広島大学水田先生のリボソーム生合成関連出芽酵母リソースの提供が可能になりました(BY26955~BY26963, BYP7851~BYP7871)。
2013/10/15 熊本大学の谷先生の分裂酵母温度感受性変異株セットおよび低温感受性変異株セットが公開されました(FY22064-22708)。セットでの分譲が可能です。
2013/10/15 サラマンカ大学(スペイン)のモレノ博士から分裂酵母のmug破壊株セット174株が分譲可能になりました。セットでの分譲もできます。
2013/10/15 大阪市立大学下田博士から分裂酵母のフェロモン関連遺伝子破壊株および薬剤耐性マーカー組み込み株が公開されました。
2013/10/11 山口大学 星田先生の出芽酵母株の提供が可能になりました。(BY25957~BY26000, BY26944~BY26954; Yeast 30:243, 2013)
2013/07/24 神戸大 石井先生の出芽酵母ADH1とTDH3のプロモーター発現ベクターシリーズ(BYP7579~BYP7588)と岡山大守屋央朗先生のgTOWベクター(BYP7589, BYP7590)が提供可能になりました。
2013/06/12 旭硝子(株)東田英毅博士から寄託された菌株が公開されました。(FY21635-21664)
2013/05/29 筑波大学大学院 生命環境科学研究科 中野賢太郎先生から菌株が寄託されました(FY21828-21832)
2013/03/18 国立遺伝学研究所 鐘巻先生の出芽酵母auxin-inducible degronプラスミド(BYP7425~BYP7435; Mol. Cell, 2013 http://dx.doi.org/10.1016/j.molcel.2013.02.012)の提供が可能になりました。
2013/02/25 出芽酵母リソースとして、リボソーム合成関連変異株(BY25930~BY25946;広島大学 水田先生)と薬剤高感受性pdr1pdr3二重破壊株(BY25929;理研長田抗生物質研究室 植木雅志博士)の提供が可能になりました。
2012/12/10 神戸大 石井先生の出芽酵母PGK1プロモーター発現ベクターシリーズ(BYP7357~BYP7373)の提供が可能になりました。
2012/08/09 京都工繊大 井沢先生の出芽酵母ストレス顆粒マーカープラスミド(BYP7348~BYP7356)の提供が可能になりました。
2012/05/25 広島大学 水田先生の出芽酵母リボソーム合成関連プラスミド(BYP7304~BYP7324)の提供が可能になりました。
2012/03/16 国立遺伝学研究所 鐘巻先生の出芽酵母auxin-inducible degron菌株(BY25917~BY25927)と京都工芸繊維大 井沢先生の出芽酵母P-body可視化GFPプラスミド(BYP7215とBYP7216)の提供が可能になりました。
2012/01/31 S. Sazer博士(Baylor College of Medicine)から寄託された分裂酵母菌株(FY21444-21460)を公開しました。
2012/01/31 H. Hauf博士(Friedrich Miescher Laboratory of the Max Planck Society)から寄託された分裂酵母菌株(FY21462-21477)を公開しました。
2011/12/12 Oxford大学Stephen Kearsey博士から寄託された分裂酵母用のheat-inducible degron system 用のプラスミド8種(FYP2779-2786)を公開しました。
2011/11/25 大阪大学升方先生から寄託された分裂酵母用のauxin-inducible degron system (菌株FY21102,21103,21104、プラスミドFYP2827)を公開しました。
2011/07/1 岡山大学守屋先生のgTOW6000リソース(出芽酵母)を本日公開しました。
2011/05/10 出芽酵母セプチン関連菌株(BY25624~BY25887;東京大学岩瀬政行博士)が提供可能になりました。
2011/02/25 出芽酵母セプチン関連プラスミドを含むDNAリソース(BYP6854~BYP7144;東京大学岩瀬政行博士)が提供可能になりました。
2011/02/23 分裂酵母リソースに大阪市立大学中村研究室(Dr. C. Shimoda)からカルモジュリン関連株24株(FY19908-FY19931)が寄託され、本日公開しました。
2011/02/23 分裂酵母リソースに大阪大学野島研究室(Dr. H. Nojima, Dr. D. Okuzaki) からmug28遺伝子関連株など23株(FY19781-FY19806)が寄託され、本日公開しました。
2011/02/23 分裂酵母リソースに、英国ロンドン大学(Dr. J. Bahler)の遺伝子破壊株、各種タギング株など284株(FY19055-FY19373)が寄託され、分譲可能となりました。
2011/02/08 出芽酵母リソースに、リボソーム合成関連変異株(BY25900~BY25915;広島大学 水田啓子先生)が追加されました。
2011/01/14 完全長cDNAクローンに、決定した配列情報をリンクさせました。
2010/12/28 出芽酵母リソースに、タグ付きプロテアソームサブユニットを発現する株(BY25889 - BY25899;都臨床研 佐伯 泰先生)が追加されました。
2010/12/17 2009年4月以降の分裂酵母ゲノムビュアにおけるゲノムDNAクローンの表示に一部不具合がありましたことをお詫びし、ここに訂正させていただきます。具体的にはDNAクローンの位置が、染色体1番の3.7MBP 付近から最大で6150bpズレておりました。これはDNAクローンの相同解析に使ったゲノム配列のバージョンが古かったことが原因でした。古いマップで、染色体1番の3.7MBP以降にマップされたクローンをご利用の場合、目的とする遺伝子がクローンに含まれていない可能性がございます。リソースセンターでは順次お問い合わせをして正しいクローンを再度お送りするつもりですが、お急ぎの方は是非ご一報くださいますよう、よろしくお願いいたします。今後このようなことが無いよう細心の注意を払って参りますので、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。 NBRP情報センター 山崎由紀子
2010/12/01 出芽酵母リソースに、double promoter (TEF1 and PGK1)-vectorプラスミド(BYP7150, BYP7151;Chalmers University of Technology, Sweden, Prof. Jens Nielsen)が追加されました。
2010/11/11 分裂酵母菌株リソースにスイス・ベルン大学(Dr. J. Kohli)の保存株337株が分譲可能となりました。
2010/11/11 分裂酵母のタギング/融合用ベクター17種がDr. S. Forsburg博士から寄託され、分譲可能となりました。
2010/09/02 出芽酵母リソースに、auxin-inducible degron関連のプラスミド(BYP6851~BY6853;大阪大学、鐘巻将人先生)、蛍光タンパク質発現株(BY25610~BY25612;Weizmann Inst. of Science、イスラエル、M. Carmi)とrad変異株(BY25614~BY25623;YGRC)を追加しました。
2010/03/17 守屋央朗先生(岡山大学)から分裂酵母用に開発されたGap-repair cloningに適したプラスミドが寄託されました。(Chino et al., PLosOne 5(3)e9652, 2010)
2009/01/07 - 年度末の手数料お支払いのお願い - 年度末の会計処理の関係で、今月以降の提供リソースの手数料は3月10日までに入金いただけるようお願い致します。
2009/12/24 年末年始の休業のおしらせ - 12月26日から1月4日まで業務を休みます。これからのリクエストは来年1月5日以降の発送になります。ご了承ください。
2009/12/01 出芽酵母リソースに、大阪大学理学研究科鐘巻先生からのauxin-inducible degron systemのプラスミド(BYP6739~BY6744)と関連酵母株(BY25576~BY25603)を追加しました。(Nature Methods doi: 10.1038/nmeth.1401)
2009/10/01 出芽酵母赤田ライブラリー解析クローン(BYP6618~BYP6738)121クローン、山口大学赤田研究室出芽酵母8株(BY25550~BY25557)を公開しました。
2009/08/19 出芽酵母プラスミドに、三菱生命研酒井プラスミド(POP2遺伝子関連; BYP6604~BYP6617)が追加されました。
2009/05/20 分裂酵母菌株に谷時雄グループ(熊本大学)、Teresa Wang(Stanford Univ., USA)から寄託された菌株(FY17884-FY17930)を公開しました。
2009/04/17 出芽酵母赤田ライブラリー解析クローン(BYP6475~BYP6538)64クローン、OUT保存出芽酵母92株(醸造物などからの分離株、BY19901~BY19992)などを公開しました。
2009/03/17 分裂酵母完全長cDNAを98クローン追加公開しました。FYC1484-FYC1581です。
2009/03/06 出芽酵母リソースに、奈良先端大高木研究室リソース(Genes Cells 13:105, 2008)を追加しました:Rsp5ユビキチンリガーゼ変異株関連(BY25535~BY25541)とHsf1-HA, Msn2-HA, Msn4-HAタグ付加プラスミド(BYP6472~BYP6474)。
2009/02/27 分譲中の分裂酵母のGFPタギング株セット(平岡泰研究室作成)に関する文献情報を更新しました。リソース番号はFY14458-FY15517です。
2009/01/23 出芽酵母リソースに、出芽酵母赤田ライブラリー解析クローン(BYP6413~BYP6469;57件)、プロテインホスファターゼ遺伝子(SIW14、PPZ1)とプロテインキナーゼ遺伝子の二重破壊株(BY10001~BY10202)を追加しました。
2008/12/25 分裂酵母菌株に野島博グループ(阪大微研)、N. Hamasaki-Katagiri(Univ. Maryland, USA)から寄託された菌株(FY17835-FY17851)を公開しました。
2008/11/25 平岡泰研究グループ(阪大/情報通信研究機構)から寄託された分裂酵母GFP融合株セット1,060株(FY14458-FY15517)を公開しました。
2008/11/18 分裂酵母菌株リソースに平岡泰研究グループ(阪大・情報通信研究機構)から59株、村上浩士研究グループ(名古屋市大)から38株、川向誠研究グループ(島根大)から2株が寄託され、FY17729-FY17834として追加しました。
2008/10/07 出芽酵母赤田ライブラリー解析クローン(BYP6337~BYP6412;76件)を追加しました。
2008/09/03 分裂酵母菌株リソースに登田隆研究グループ(Cancer Research UK)からの84株(FY17641-FY17728)を追加しました。最近のNature(PMID 17476213)およびNature Cell Biol (PMID 17486116)で報告されたものです。
2008/08/26 分裂酵母リソースに平岡泰グループ(阪大/情報通信研究機構)が作成したGFP融合株の一部を公開しました。
2008/08/12 出芽酵母リソースに東京都臨床研東江先生からのpAKプラスミド(BYP6238-BYP6254, BYP6256-BYP6318)、東京大学菊池先生(NIH高橋芳充 博士)からのプラスミド(BYP6327-BYP6334; J. Biol. Chem. 280:35822, 2005)、Queen’s Univ.のDr. Timsonからsplit-GFP法のプラスミド(BYP6335, BYP6336; Fungal Genet. Biol. 45:597-604, 2008) が追加されました。
2008/06/17 分裂酵母の完全長cDNAクローンを追加しました。検索ページより遺伝子名で検索できます。リクエストいただきますと、転写開始点がわかる配列情報と共にプラスミドを分譲します。ご利用ください。
2008/06/04 分裂酵母のゲノムDNAクローンの分譲を開始しました。トップページのPhysical maps(ベータ版)をクリックするとゲノムマップをみることができます。オンラインでのリクエストにはまだ対応していませんが、ご希望のクローンIDを指定してメール(nbrpombe@sci.osaka-cu.ac.jp)で注文してください。サンプル作製手数料として1サンプル500円課金致します。
2008/05/30 分裂酵母菌株コレクションに京大・柳田充弘先生(2株)と近畿大・杉浦麗子先生(9株)が追加されました。また、大阪市大・中村太郎研究室からプラスミド8種類が追加されました。
2008/5/29 分裂酵母の菌株データベースを更新しました。新たに京大柳田充弘研(50株)、熊本大谷時雄研(8株)および大阪市大中村太郎研(50株)を追加しました。また、論文発表された菌株を公開しました。
2008/3/6 分裂酵母の完全長cDNAクローン(482クローン)を追加し公開しました。栄養増殖期と減数分裂期のh90細胞より調製したmRNAを混合し、ベクターキャッピング法(Kato et al., 2005 DNA Research 12: 53-62)により作成したcDNAで、完全長であることが確認されたものです。このページからシステマティック名および遺伝子名で検索し、分譲依頼できます。オーダーされるとcDNAの末端配列とともに、1週間程度でお送りします。
2008/02/25 分裂酵母リソースに広島大学上野勝先生からの菌株(FY17233-FY17236)が追加されました。
2008/02/08 出芽酵母リソースに山口大学赤田先生からの出芽酵母発現プラスミド(BYP6237)と東京都臨床研東江先生からのTOpプラスミド(BYP5346-BY5584)が追加されました。
2008/01/09 出芽酵母リソースに山口大学赤田先生からの出芽酵母発現プラスミド(BYP6221-BYP6236)と大阪府立大学川西先生からの多環芳香族検出株(BY25525-BY25530)が追加されました。
2007/12/26 分裂酵母リソースに神戸大学久野先生のプラスミド(FYP2224-FYP2229)と筑波大学中野先生の変異株(FY17228-17232)が追加されました。
2007/12/07 出芽酵母リソースに山口大学赤田先生酵母リソース(ste変異株; BY25495-BY25519)と東京大学菊池グループ(高橋芳充博士、NIH)酵母リソース(SUMO関連株;BY25520-BY25524)が追加されました。
2007/11/12 分裂酵母の完全長cDNAクローン(958クローン)を公開しました。栄養増殖期と減数分裂期のh90細胞より調製したmRNAを混合し、ベクターキャッピング法(Kato et al., 2005 DNA Research 12: 53-62)により作成したcDNAで、完全長であることが確認されたものです。このページからシステマティック名および遺伝子名で検索し、分譲依頼できます。オーダーされるとcDNAの末端配列とともに、1週間程度でお送りします。近日中に、第2回のリリースを行う予定です。
2007/11/06 出芽酵母リソースに山口大学赤田先生からの清酒酵母リソース[BY25450-BY25469; Appl. Microbiol. Biotechnol. 69:689 (2006), Appl. Environ. Microbio. 71:312 (2005), Appl. Microbiol. Biotechnol. 65:68 (2004)] が追加されました。
2007/10/24 分裂酵母のプラスミドが追加されました[FYP2027-2217]。旭硝子(株)浜研究グループ、京都大学柳田研究室、法政大学石浜研究室から寄託を受けたリソースです。これらのリソースの情報は順次追加しますが、詳細は文献で調べてください。
2007/10/19 出芽酵母の新しいリソースが追加されました。立命館大学小野研究室リソース[BY25348-BY25407, BYP6160-BYP6204; Yeast 21:1096 (2004), Yeast 24:723 (2007)]、大阪大学増本氏[BY25408-BY25423]、情報通信研究機構平岡研究室[BYP6205-BYP6214; 染色体3と6のプライマーセット(詳細は問い合わせください)、BYP6215, BYP6216; Genes Cells 3:587 (1998)]、農業環境技術研究所北本氏K. lactisリソース[BY21796-BY21799, BYP6217-BYP6220]、山口大学赤田氏清酒酵母リソース[BY25424-BY25449; Appl. Microbiol. Biotechnol. 69:689 (2006)]
2007/10/11 分裂酵母の新たな栄養要求性マーカーを持った株が神戸大学久野先生から寄託されました(FY17210-17221)。遺伝子破壊や染色体組み込みのマーカーとして使えます。プラスミドも近日中に公開します。
2007/08/03 NBRP酵母DBとGeneDB(分裂酵母)あるいはSGD(出芽酵母)が遺伝子名でリンクされました。検索結果で表示される下線付き遺伝子記号をクリックするとGeneDBあるいはSGDの遺伝子情報のページにジャンプします。逆に遺伝子ページからNBRP酵母の菌株検索結果を表示することもできます。
2007/06/13 慶應大学西沢先生より出芽酵母ゲノム削減株(BY21770 - BY21787; Appl. Microbiol. Biotechnol. 75:589, 2007; BY21770, 21771, 21779はチェック中)が寄託されました。
2007/05/08 出芽酵母プラスミドに赤田遺伝子ライブラリー(BYP6127 - BYP6145; Mol. Gen. Genet. 254:267, 1997) が追加されました。
2007/04/16 ホームページをリニューアルしました。
2007/04/11 旭硝子株式会社ASPEX事業部浜祐子博士より分裂酵母の網羅的プロテアーゼ破壊株(FY16976-FY16979)などが寄託されました。これらの株の分譲には提供承諾書が必要です。詳しくは酵母遺伝資源センターにお問い合わせ下さい。