ナショナルバイオリソースプロジェクト - 酵母
このサイトでは、酵母菌株やDNAクローンなどのバイオリソースを検索し、 選択したリソースの分譲依頼を行うことができます。
詳しくは「概要」「分譲の流れ」をご覧ください。

事業継続のために、皆様のリソース利用成果のフィードバックが大変重要です
本件リソースを利用して成果があがりましたら、発表論文等をお知らせいただくか、論文登録webサイトから登録してください。
また、論文等にリソースの由来として、当センター名を記述してください。 下記の文例も参考にしてください。
よろしくご協力お願いいたします。

参考文例:
○○○(リソース名)は、NBRP「酵母」から提供された。
○○○(リソース名)was provided by the National Bio-Resource Project (NBRP), Japan

What's New     全件表示
2017/11/20 オーキシン依存的タンパク質分解(AID)およびその改良型(iAID)システムを利用した出芽酵母のDNA複製に関連する変異株 (Miyazawa-Onami et al., (2017))が国立遺伝学研究所の荒木先生より寄託され提供可能となりました (BY28997-29019)。
2017/10/20 大妻女子大学短期大学部の竹内(安東)知子先生より寄託されたRNA可視化プラスミドが提供可能となりました(分裂酵母(Takeuchi-Andoh et al., (2016))(FYP3987-3988)、出芽酵母(Takeuchi-Andoh et al., (2006))(BYP9639-9640)。
2017/10/3 N. Rhind博士から寄託されたエストラジオール誘導プロモータープラスミド (Ohira et al., (2017))が提供可能となりました(FYP3985-3986)。
2017/9/15 分裂酵母の菌株およそ1,800株(FY31345-33184)と約30のプラスミドが提供可能になりました。
2017/9/1 基礎生物学研究所の鎌田先生から出芽酵母のオートファジーおよびTORキナーゼ研究で使用された菌株(BY28944-28996)およびプラスミド(BYP9616-9638)が寄託され提供可能になりました (Kamada et al., (2000), Kawamata et al., (2008), Kamada et al., (2010), Nakashima et al., (2008), Kamada, (2017), Kamada et al., (2005))。

リソース

分譲手数料/送料
リソース本体の分譲手数料および郵送料に加え、セキュリティ確保のためのシステム手数料として、1回の注文あたり(リソースの個数ではありません)500円が加算されます。ご協力お願いいたします。
ご質問があればまでお願いいたします。

リソースの分譲手数料(1サンプルあたり)
アカデミア営利機関・非学術研究機関
菌株、プラスミド400円10,280円
完全長cDNA、ゲノムDNAクローン510円16,450円
遺伝子ライブラリー3,080円64,800円
セット提供30,000円~310,000円~

送料
日本海外
郵便120円400円
宅急便着払い-
EMS-1,400円
FedEx-着払い
*FedExでの配送を希望された場合、基本的にサンプルは310 x 240 mm の"FedEx Clinical Pak"に入れて発送します。

Electron microscope images of S. cerevisiae and S. pombe were provided by Dr. M. Osumi, Integrated Imaging Research Support.
Fluorescence microscope image of S. cerevisiae was provided by Dr. Y. Ohya, University of Tokyo.
Fluorescence microscope image of S. pombe was provided by Dr. C. Shimoda, Osaka City University.